03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

また来年 




■2020/0227





クロスジソウカダ
Xenochrophis vittatus

DSCF8164.jpg
エサ飲み込み中。

先週を以って、最後の1個がダメになり、これで卵が全てダメになった。

まぁ、懸念はしてたけどな (´・ω・`)

クロスジソウカダの前記事で、卵に危うさが残ると書いていたが、アレは一番卵殻が透けていたあの卵の事だけではなく、
他の卵も含んでの話で、あの卵殻は本来はもう少し厚くなるであろうことが見て取れていた。


DSCF8166.jpg
卵殻が薄くなる理由は大方割り出したけど、問題は卵のクセだ。

このクセが卵殻が薄い事による、卵殻の機能不全であればいいんだが、
今回認識したクセが、この種の卵のデフォなら少々厄介。

まぁ唯の機能不全だと思うけども。

これが機能不全でないなら、産卵直後から水分を含まない砂に埋める、
なんて方法でしか孵化してこないことになるからな。

そもそも水分に接したらダメになる卵なんて一部の種を除き、完全に卵殻の形成不全・機能不全の状態だからなあ。

いずれにしてもまた次回、来年だな。
来年の1月ぐらいにまた予定しておこう。





スポンサーサイト



2020/02/27 Thu. 23:19 | trackback: -- | comment: 0edit

その後の卵 




■2020/0114





前回の記事でスラッグを産んだと書いたクロスジソウカダだけど、
あの卵、スラッグじゃなくて形成途中の卵だったみたいだな。





クロスジソウカダ
Xenochrophis vittatus

DSCF8144.jpg
てことで、さっき見たら産んでた。

卵が腹に残ってたのはわかってたんだけど、
どうせスラッグだろうと思ってたら、なんとか有精卵になってるっぽい。


DSCF8145.jpg
ただ、ほぼ確実に孵化してくるような卵ではなく、見て分かるとおり危うさが残る。

前記事で形成途中の卵が1個排出されていたが、あれは腹腔サイズの問題だろう。
それ以外の理由も見当たらんしな。



DSCF8146.jpg
卵のサイズはこんな感じ。
人差し指と比べるとこんなん。


だがまあ、これでこの種の産卵可能な最小サイズはわかった。
産めちゃうもんなんだなあ (´・ω・`)

これ以下のサイズだと卵のサイズの問題で難しいだろうな。

今回でも産卵1週間ぐらい前から、パッと見で個数までわかるほど腹部に卵の形が出てたしな。
かなりギリギリのサイズだったんだろう。

けど卵の個数自体は6個なんて持てるもんなんだな。
もう一回りぐらい細くて、長さのある卵を想像していたんだけど、意外とこういう卵なのね。

際どい卵だけど、孵化して欲しいところだなあ。


あと今回で、交尾してからの変化や推移も把握できたから、次から抱卵までの間にもう少し調整出来るな。


さて、それじゃあとは孵化待ちと、産後の♀の修復。
ギリギリサイズでの産卵だから、その分削れてるしな。
パッと見の上半身の肉はそこまで落ちていないが、問題は肉の低下量ではない。
まあなんとかしていこう。





2020/01/14 Tue. 03:15 | trackback: -- | comment: 0edit

まだ早い 




■2019/1229





クロスジソウカダ
Xenochrophis vittatus

DSCF8132.jpg
1個目産卵。
産んだことは産んだけども、やっぱりスラッグ。
まあ残りもスラッグだろう。

なんか杏仁プリンみたい。

案の定、性成熟にはまだ早いよな。


DSCF8134.jpg
来年また産むだろうけど、その時はどうだろうな。
あと半年も育成すればそれなりに産めそうなサイズにはなりそうだけど。

変なタイミングで交尾されても困るから、半年間は♂♀分けて飼育しておこうか。

じゃあクロスジちゃん、また来年よろしくね (*´・ω・)





2019/12/29 Sun. 22:08 | trackback: -- | comment: 0edit

早くなぁい? 




■2019/1112





クロスジソウカダ
Xenochrophis vittatus

DSCF8074.jpg
昨日ケース覗いてたら、なんか交尾してんだけどどういうことか (´・ω・`)

導入時からサイズは一回りは成長してるんだが、導入してからのこの2ヶ月ぐらいの間に♂は性成熟したらしい。

♀の方はどう見てもまだ小さいとは思うんだが、
これで産卵するようなら現状サイズが繁殖可能な最小サイズなんだろう。

やっぱり今回来てるのは小型傾向の個体群か。
♂の性成熟があまりにも早い。

そんなもんまだだろう、なんて考えて多頭飼育してたら交尾してんだもんなあ。

ただ、繁殖条件は把握できた。
出来たけど、これは条件なんてもんじゃねえ。
構築状態次第で結構乱雑に産むタイプだ。
年2回ぐらいは産卵いけるんじゃないか? やれても年1回以上やらないけど。


DSCF8075.jpg
まぁ♀が小さいから、未受精かスラッグになるだろうけど。

万が一有精卵産んでも小さめサイズの卵を2~3個ぐらいかな?

まぁ産めるなら産んどくれ。
このタイミングじゃCH扱いだけどな (´・ω・`)





2019/11/12 Tue. 20:18 | trackback: -- | comment: 0edit

現物見ないと 




■2019/0911





クロスジソウカダ
Xenochrophis vittatus

DSCF7983.jpg
せっかくだからこの種も導入。


DSCF7984-2.jpg
この種は現物見ないと、綺麗さや可愛さがわからないな。

現物見たらまぁ可愛い可愛い。


DSCF7985.jpg
無論こんなもん、楽観視出来る種類じゃないだろうな。

下手物系のヘビなんて大半厄介な連中しか居ないけど。

ただ、導入時の状態は悪くない。
寧ろ2週間ぐらい前に採集してきました、ぐらいの状態。


DSCF7986.jpg
こないだ導入したソウカダに比べてエサ関連でクセが無い。

あっちは♂は吐き戻しグセ、♂♀共に魚を水に入れると喰わない→床材の上に置いて跳ねてると喰う。
とかいう感じだが、こっちは最初から死にかけのドジョウでもピンセットから食べる。

そのままでも喰えるんだけど、そのままだとドジョウの跳ねる際の馬力が強めだから、首折って弱らしてからやってる。


ペアで来てて、おそらくちゃんとペアになってると思う。
出来れば今年もう1ペア揃えたい。

ま、当然なんとか出来るように頑張ろう。





2019/09/11 Wed. 17:54 | trackback: -- | comment: 0edit