03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

それも曖昧  




■2015/1001







うわぁん(´;ω;`)
もう10月じゃないかよぅ。
気分的にはまだ3月ぐらいの気がしていて、『オーバーロード』も最終回を迎え、
あまりにもいたたまれずに『のんのんびより りぴーと』を繰り返し見て現実逃避を図っている。

ほたるんのような可愛い子が一緒に出かけてくれるなら頑張って外に行く気にもなるだろうが、
周りは柵で囲われ、餌だけが敷き詰められ、見渡せば自分と同じように目の死んだ豚しかいない。

空の色だけが移り変わるが、頭を降ろし餌を食べる事しか出来ない豚には空など目にも入らない。

・・・外とは一体何だったろうか、最早それすら曖昧だ(´・ω・)





カリフォルニアキングスネーク
Lampropeltis getula californiae

2015_100100015.jpg
脱皮直前。
多分今日脱ぐ。

やはり白黒系は良い物だ。
白黒系カリキンを模様のタイプでコレクションしたいけども何時になるやら(´・ω・)
2015_10010002555.jpg


れんちょんもこまちゃんも可愛い可愛いブヒィ、フゴフゴゴゴブヒィ(´・ω・)





スポンサーサイト
2015/10/01 Thu. 17:22 | trackback: -- | comment: 0edit

種を見つける 




■座卓部 2015/0126








先日また山へ行ってきた。
夏後半産みの分が少しは居るだろうと思い掘り返してきたが、まぁソコソコ回収できた。

画像は300頭ほど。
1日で600頭オーバー回収。
もう1回行けばトータル1000頭程はいけそうだな。
2015_01250001.jpg

それと些かお金になりそうなものを見つけた。
何故今までそれをやってこなかったのかという感じ。
今年は少しばかり稼がせてもらおうか(´・ω・)

・・・そして引篭りへ。 ・・・そしてヘビを買おう。








カリフォルニアキングスネーク
Lampropeltis getula californiae

2015_01260001.jpg
この子らの脳筋ぶりにももう慣れてきた。

というかキングスネークを超える脳筋が何名か居るから・・・(涙目)

2015_01260002.jpg
給餌間隔結構開けてたけどソコソコ伸びてきた。

別段急がなくてもいいのだけど、キング連中には今年はやや多めに喰わせていこうかな。




2015/01/26 Mon. 11:00 | trackback: -- | comment: 0edit

お掃除 




■座卓部 2014/0523






ここ最近どうにもいろんな事が一杯一杯(´・ω・)
時間はないわ気力・体力はないわやらなきゃいけないことは山積みとかもうすぐ木炭を用意せねばならなくなる。

早くニートにならなきゃ(使命感)


そんな中、サーキュレーターがあまりにもホコリまみれで風力がだいぶ落ちていたので仕方なく掃除。
動かないものすらピンボケとか大概ですよ。
2014_0518_201102.jpg
髪の毛とかも絡まってマジで汚いですねコレ(´・ω・)
2014_0518_201120.jpg
まるで集塵機の役割でも果たしているかの如くホコリが詰まってますね馬鹿じゃないの(´;ω;`)
2014_0518_201151.jpg
モーター回りもこの有り様、酷いもんです本当に。
2014_0518_201341.jpg
さぁ掃除を始めましょう。




はい、掃除しました。
とりあえず簡単に雑巾で拭いただけだけど。
もっとガッツリ掃除するならモーター部の後ろのカバーを外してモーター引っ張りだして後部カバーごと丸洗いすればいい感じ。
2014_0518_201735.jpg
こっちは丸洗い。
随分綺麗になりましたね。
2014_0518_201759.jpg
まるで新品ですね、前面カバー逆だけど。
コレ定期的に掃除しないとダメですね(*´・ω・)
2014_0518_202213.jpg






カリフォルニアキングスネーク (レムケハイポ)
Lampropeltis getula californiae

2014_0521_214002.jpg
最近前にも増してキングスネーク連中が私を喰おうとしてくるのでイチイチ捌きながら管理するのも面倒なので、
キングスネーク系の作業時は革手袋を着けるようにした。
・・・案の定この有り様ですよ(´-ω-)



その流れでコーンスネークも給餌。

コーンスネーク・アルビノ(モルフ不明)
Elaphe guttata guttata

2014_0521_215343.jpg
キング系以外は手袋無い方がやっぱり楽ですね。

ハンドリングしながら活マウスを給餌。
2014_0521_215427.jpg
何も気にせずに絞めて食べる。

そのままケースに戻し。
2014_0521_215534.jpg
アルビノちゃん可愛い。




そして関係無いが今回もタッチの差で大きなものを買いそびれた。
もうアレだな、面倒くせぇ。
来年こそ金を積んで海外から直接持ってきてやろう。
今回買い逃した種も含めて他にも馬鹿みたいに持って来ようじゃないか。
ショップの入荷なんぞ待ってられるか。
 
 
 











2014/05/23 Fri. 22:36 | trackback: -- | comment: 4edit

三蛇三様 

 


■座卓部 2014/0426









カリフォルニアキングスネーク
Lampropeltis getula californiae

2014_0423_230632.jpg
ボチボチ伸びてきた。
何気に頭頂部の白い部分が左右対称なのねw

撮影前に霧吹きしようと思って霧吹き持ったままケースのフタ開けたら霧吹きの先端に嬉々として喰らいついてきた(´・ω・)
もうね、あの時の先端に喰い付いてる時のテンションと顔ね。

2014_0423_230719.jpg
見た瞬間本気で笑ったよw
ヘビの行動であそこまで笑ったのは初めてじゃなかろうか。





イースタンキングスネーク
Lampropeltis getula getula

2014_0423_231050.jpg
さすがに大きくなる種類は何かが違う。
細かい所の雰囲気がカリフォルニアキングとはやはり別物。

他のキングスネークはケース開けると私を食物と認識し手に喰らいついてくるけど、
霧吹きすると意識が削がれて咬んでこなくなる。

けれどこいつは霧吹きなどでは一切動じない。
寧ろ霧吹きの水に喰い付きながら私に向かってくる。
これでかくなったらどうすんだ(´・ω・)

2014_0423_231145.jpg
画像は2枚とも同じ個体だけど、少し前に治療してた子ももうとっくに治っていたりする。
私にとっては貴重なイースタンだから何とかなって一安心だ。

サイズ差は大分付いてしまったけれど(汗)





カリフォルニアキングスネーク(レムケハイポ)
Lampropeltis getula californiae

2014_0423_231721.jpg
本当はもっとガンガン成長させたかったのだけど意外と神経質な部分があり、慎重にやっていたらいまいち伸びていない(汗)

というのもレムケタソ2頭とも、
活餌でない場合は解凍後のお湯から引き出してすぐぐらいの結構温かいものでなければダメだということに気づくのに時間がかかった(汗)

ノーマルキングやイースタンキングやフロリダキングが普通に食べてる解凍後に室温ぐらいまで冷めたマウスやヒナウズラをあげると、何時の間にか吐き戻してるんだもの(´・ω・)

なもんで小さめのエサを間隔開けてやってきたからいまいちの伸び。
まぁ原因もわかったから最近は普通に食べてもらってるからそのうち伸びてくるだろう(*´・ω・)ネー







2014/04/26 Sat. 01:05 | trackback: -- | comment: 2edit