03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

そんな場合も 




■2019/1214





オリーブアレチヘビ
Psammophis sibilanss

DSCF8025.jpg
オリーブアレチヘビの大きい方。
9/29日の画像。
1回目の脱皮で脱皮不全になり、頭と体の一部に皮が残ったまま2度目の脱皮に入った時。



んで本日の画像。
DSCF8118.jpg
2度目の脱皮が終了して暫く喰わせてたら、導入時にあんなにヘロってたのに何事も無かったかのような現状になる。

この種も異常に強健だな。
もうブラックレーサーぐらいのバタつきと人馴れを見せる。


DSCF8119.jpg
ちなみに、血液量や体液量が少ない状態で脱皮しようとしている時に、
水を多めに掛けたり飲ませたりすると、脱皮不全になることがあるが、
この個体の導入時の状態では内臓の体液量の復旧が最優先だったため、この脱皮不全はほぼ意図的に起こした状態に近い。

前回のオリーブアレチヘビの記事にも書いてるが、水を飲ませていたらマウスロットのように口内に膿と出血が発生してきた。
だが、すぐに相関を割り出し、それでも水を飲ませ続けた。


極端にボロい個体の導入時には、その個体の全ての部位の状態を同時進行で復旧して上げていくことは難しく、
何処かの状態を一時的に悪化させながら、またはその種にとっての負荷を与えながら、
特定の部位や状態の復旧を優先しなければならない状況が出てくる。

症状や状態低下の構成・割合を把握せずに、
何処にどのぐらいの余裕が有るかを把握せずに、既存のイメージや観念で安全パイ選んだり、
当たり障り無いように弄ってるとどうにもならないような個体には下手物系のヘビをやっていれば必ず当たる。


・・・状態の良い個体しか選ばずに、毎回逃げるような買い方ばかりしてればそりゃ当たらねえけどな。


当然こんな範囲の操作・構築、推移に合わせた判断は、
情報を探したり、教わればやれるようになる範囲の話ではない。

無論、実際に復旧のためにやっていた内容の質量から見れば、今書いている事などはカスみてえなもんだ。

だがこういう範囲に足を突っ込んでも、
状態の悪いボロい個体や、死にかけの個体がなんとかなる確率は極端に上がるわけじゃない。

が、なんとかならない筈の個体が、理解と技術次第で少しはなんとかなる場合も出てくる。

現在も1頭、別種でそういう個体の相手をしている。
こっちはどうなるか。



ちなみに、真逆の状態も当然存在し、
脱水状態ではあるが、水を少し多めに飲ませただけで数日で死んだり、
導入時に少し多めに飲ませた水が原因で、1~3ヶ月後の死が確定する場合もあったりする。
パッと見、そんなに肉が落ちてるように見えない個体でもな。





スポンサーサイト



2019/12/14 Sat. 05:44 | trackback: -- | comment: 0edit

今期1位 




■2019/0927





今期アニメの個人的1位はやはりこれだ。

『 魔王様、リトライ! 』

もうこれ一択だろう。

この作品すげえよ、構成・脚本・演出・原作・キャラクター・声優・BGM・POED・作画・予算とか、
何もかもが神憑り的に組み合わさって、今までありそうで無かったアニメの世界が広がってる。

何故面白いのかがよくわからないのに面白いとかいう、意味不明な状況になってる。

視聴者サイドではそう簡単にわからないような理論や技法が使われているのは言うまでもなく、
私など、解説動画とか見てるだけで 「 はわわわわしゅごいいい(^ρ^) 」 とか言い始める始末。

まるで、けものフレンズ1期のような意欲と巧さと愛情を作品から感じた。

アクちゃんもルナちゃんもトロンちゃんも可愛いのほおおおおおお(*´Д`)

無論円盤買います、墓場まで持って逝きます。

これはB級系アニメの最上位と言ってもいいかもしれん。
制作側の理術が仕込まれた恐ろしいほどに素晴らしいアニメ。

長く続くような作品になると良いなあ。








オリーブアレチヘビ
Psammophis sibilanss

DSCF7992.jpg
ちょっと前に2頭導入。
こっちは小さい方。

DSCF7991.jpg
画像は小さい子の方だが、もう1頭の大きい方が、導入時にちと厄介な状態で、
極端な脱水状態で細胞収縮が露骨に出てたんだけど、
じゃあ取り敢えず水飲ませるかって飲ませてたら、
少し日数経過したら顔の右半分が少し腫れて、口内に膿と出血が発生してきた。


どういう状況かと言うと、脱水と体液量減少で粘膜面の循環量と免疫力が減って、何かの感染症に掛かってはいたが、
体液量と唾液量・口内の粘膜循環量の問題で感染症が免疫反応を伴った状態で表面化しておらず、
水を飲んで体液量に回ることで免疫反応が表面化してきた状態。

この状態と状況は初めて見たよ。

大きい方は異様な程連日水を飲んでたからな。
当然ながら水入れからは殆ど飲まない。
霧吹きで顔に水を掛けてやると脱水量に対して水分への欲求が出る。

逆に小さい個体の方はその欲求は全く無かった。

症状が表面化しない場合マウスロットは出ないだろうが、当然ある日コロッと死ぬだろうな。
細菌やウイルスの水面下でのダメージがほったらかしになるからな。

だからこの状況、
一般飼育者が遭遇した場合、 『この種にはあまり水を飲ませないほうがいい』 という認識になるだろうな。


取り敢えず、腫れも膿も出血も消したが、まぁ出血がそれなりの期間続いたから、現状は導入時より痩せちまった。

導入から間もない頃にホッパーぐらいのマウス2匹食べたら、そこから喰わなくなったんだけど、
その時点で免疫反応が出始めてたんだろう。

導入時は可也ヘロってたが、最近漸く体を起こして、アレチヘビらしいバタついた動きが出来るようになった。
やっとまた喰い始めたしな。

けどここからこの種のデフォ位置まで復旧出来るかどうかは微妙だな。
今後の構築が追い付かずに死ぬかもしれんしな。
まぁ弄れるだけ弄ってみるか。



今年はほんとにトラブってる個体の導入が続くな。
だがWDの下手物系のヘビを扱うのなら、状態把握と構築が絡んでくるのは当然だ。

けどその反動で、ショーカーアレチヘビの大きい方なんかは、
内部状態が導入時としては良すぎて、思わずキャーキャー言ってたぐらいだ (´・ω・`)





2019/09/27 Fri. 14:27 | trackback: -- | comment: 0edit