12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

3種合同撮影 




■2018/0224





そういえばせっかく3種揃ったのだから、合同撮影はするべきだろう。




モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ) Leioheterodon modestus
シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ) Leioheterodon geayi
マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ) Leioheterodon madagascariensis

DSCF7357.jpg

3種合同撮影なんだからもう少しマシな撮影の仕方があるだろうに、纏めてケースに入れただけっていうね(´・ω・`)

まぁ豚がまともな撮影なんか出来るわけないんだよなぁ・・・。



モデスタスホグノーズムジブタバナスベヘビ) Leioheterodon modestus
DSCF7359.jpg
やはり3種中、持つと一番バタつく。


シモフリブタバナスベヘビゲーイーホグノーズ) Leioheterodon geayi
DSCF7360.jpg
ゲーイーホグノーズはとある計画を思いついたから、数年後に試してみるか。


マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ) Leioheterodon madagascariensis
DSCF7358.jpg
もしかしたらマダガスカリエンシス、ペアで居るかもしれん。 極めて微妙だけど。


このマダガスカルホグノーズシリーズだけど、マダガスカルの中でも生息ポイントで色や模様に結構な差がある。
ゲーイーホグノーズも繁殖した中からは個体バリエーションで別の模様は出てこなかった。
あの色模様の差はおそらく個体差などではない。
その色模様の系統で交配したら、系統が混ざった個体でなければ同じ色模様の個体が出てくると思う。

モデスタスホグノーズで3パターン。
ゲーイーホグノーズで5パターン。
マダガスカルホグノーズで4パターン程の色模様の系統を、海外の画像などでは確認している。

ゲーイーホグノーズの内の1種はなんか怪しいけども。

おそらくもっとあるんじゃないかな?
ちゃんと調べてる人間なら色々わかるんだろうけど、私は分類とか種類・亜種・地域個体群やらは存外ろくに調べない。
とはいえ、繁殖は出来れば同じ系統でやりたいよなぁ。

・・・なんていうものの、ウチの繁殖したゲーイーホグノーズは2系統混ざってる。
合わせた♂♀が別の系統。
混ざった場合でも色模様は2系統の範囲内での表現になってる。
他の3系統の表現は出てきていない。
全部自分で飼育する分だからアレだけど。
まぁいずれは複数の系統が欲しいよな。



で、豚がブタバナヘビを撮影してるなんてね・・・ね・・・ウフフ・・・・・・(´;ω;`)


今回は3頭ともにWD個体だが、今度これやる時は3種全て自家産CBでやってやろうかね。





2018/02/24 Sat. 13:33 | trackback: -- | comment: 0edit

寒す 




■2018/0202





『三ツ星カラーズ』
201801298797451538985.jpg
ののかちゃんほんと可愛い結婚したい。

今期嫁候補が2人。
なでしこちゃんと、ののかちゃん。
肥えるー。
腹が、腹があぁぁぁ。






マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ
Leioheterodon madagascariensis

DSCF7313.jpg
今月電気代6万近くキタワァ・・・(´;ω;`)

そのうえ求める温度まで上がりきらないっていうね・・・。

今年の冬は予算用途が決まってるから動けないが、来年の冬は暖房器具を一新しよう。
同じ消費電力でも効果を上げることは出来るからな。

・・・金が一気に飛ぶけど(´;ω;`)





2018/02/02 Fri. 03:52 | trackback: -- | comment: 0edit

これで揃い 




■2017/1216





前に導入した種の4手目。
何故今まで所有していなかったのかというね。
ウチに居そうで居なかった。




マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ
Leioheterodon madagascariensis

DSCF7283.jpg
とりあえず2頭導入してる。
多分ペアは揃ってない、どっちかに偏ってる。
というかこの種の雌雄判別が微妙なんだよなぁ・・・。
まぁ個体数見てないせいだけだろうけど。

判別微妙だからとりあえず来年4頭ぐらい導入すれば1ペアぐらいは揃うだろ。

これでLeioheterodonが3種揃った。
ゲーイーは繁殖済み。
モデスタスはペア確定。
これでマダガスカリエンシスをペアで揃えたら一段落。

そしたら残りを繁殖するだけだ。
そうすればまた少し愉快になる。

DSCF7284.jpg
片方(画像の子)は神経質ですぐに体膨らませて噴気音を出す。
もう片方は最初は似たような感じだったけど、今はカリキン並みの脳筋。

2頭とも痩せてたからなぁ・・・今もまだ細いけど。
特に片方は導入時お腹ぺったんこだった(汗)
まぁ何でも構わん、導入できれば有り難いのさね。
WD個体や他人の飼い込み個体なんざ、どんな状態だろうとコンディションの再構築は必要になるんだしな。



なーんか暇潰しにツイッターの方見てたんだが、なんだ。
ミツウロコで店にクレームつけてたのが居たらしいじゃないか。
まぁ話の内容は面倒でろくに見てないし、実際にどういうやり取りをしたかはわからんからその人間には何も言わんが。

ただその件とは別に、
ショップに文句を言うのは、買ったらそのまま飼えると思ってる人間、飼い続けられると思ってる人間だけだ。
んなわけあるか、器物じゃねえんだ。
クレームとか補償とか馬鹿なこと言うのは論外。
どんな状態でも可能な限りなんとかできるように、自分の技術を上げることだけ考えなさいな。

どうも爬虫類業界は何も考えずに他人に教えてもらおうとか、
そのやり方では結果が出ないとわかっているものに 『これで大丈夫』 と考えたりする連中が多いよなぁ。

爬虫類でんな事言っててどうするんだと。
昆虫業界を見てみるがよろしい。
野外から採集した数万~十数万~数十万円の種が、買ってから産卵する前に数日で死ぬなんてザラなわけだ。
爬虫類と違い、昆虫類は下手すりゃ羽化してから数ヶ月の寿命だ。
WD個体なんか、野外で何時羽化したかわからん個体を自己責任で買うわけですよ。
虫の性質上、成虫へのコンディション構築なんかまず出来やしない。
場合によっては間違いなく数日しか生きないだろうなとわかっていても、
卵を数個だけでも産んでくれるのではないかという僅かな希望に縋って金を飛ばす場合もあるわけですよ。
昔はその上、そこに未知の繁殖条件が絡む。
そんな世界で身を削り、泥を舐めて血反吐吐いて神経すり減らして、
そういう種類の繁殖や飼育を自力で突き詰めていった連中から見ると、『 甘えるな 』 という話でしかない。

『WDのコフキカブト』 という言葉一つで何人発作起こすと思ってんだ(´・ω・`)

私に『サンボンヅノカブト』とか『ショーエンヘリー』とか耳元で囁いてみるがいい。
泣きながら尿漏れするぞ。


それはそうとミツウロコヘビねぇ・・・反映に極端なフィルター挟むような種類でなければ可能性は無くはないな・・・。
まぁそのうちやってみるさ。
そんときゃ余裕でしくじる可能性の方が高いから、失敗したら嘲笑ってやるとよろしい。





2017/12/16 Sat. 06:40 | trackback: -- | comment: 0edit