03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

かしこい 




■2020/0405





ジャワヤスリヘビ
Acrochordus javanicus

DSCF8187.jpg
ちょいちょい伸びてる。
イモムシみたいで可愛い。

DSCF8188.jpg
この種にはそういうのは無いかなあ、なんて思ってたんだけど、
魚入れた網をケースの上に持っていって魚を入れようとすると、水中から上を見ながら魚が投入されるのを待つようになった。

ジャワヤスリも意外と状況を把握してくるみたい。
かしこーい。

DSCF8189.jpg
この種の水質調整って、複数の変化に対して意図的に予測してやっていけるようにならなきゃならないんだが、
全くと言っていいほど推移が表面化しない上に、
血液状態との相関と、それによる反応値の変動もあるから面倒くせえよなあ。

サイズが伸びてくればそれ自体も変化してくるだろうしな。

まぁ、楽な生き物じゃねえよ。





スポンサーサイト



2020/04/05 Sun. 05:35 | trackback: -- | comment: 0edit

まだっぽい 




■2020/0401





ジャワソウカダ
Xenochrophis melanzostus

DSCF8184.jpg
こっちも同居してみてるけど、これは♂が性成熟していない可能性があるな。

ここ1ヶ月ぐらい同居してるんだけど、♂が無反応。
まだっぽいというわけで先日同居を解除した。

また半年ぐらい過ぎたら一緒に入れといてみるか。


DSCF8185.jpg
導入時にあった原因のわからない♂の胆嚢炎は7割程は治ってきてると思う。

胆嚢炎になってるもう1頭の♀は修復が出来ないだろう。
食べても肉が付かなくなった。
膨張は減少したが、おそらく壊死してきて縮小してるんだと思う。

あの原因不明の胆嚢炎を修復するには持久戦以外は無いだろうな。
ソレ以外の方法や調整が全く割り出せん。

♂の方はこのまま暫く生きれるまで修復してくれればいいが。





2020/04/01 Wed. 01:57 | trackback: -- | comment: 0edit

これは来年 




■2020/0325





マダガスカルホグノーズオオブタバナスベヘビ
Leioheterodon madagascariensis

DSCF8186.jpg

はい無精卵。
無精卵じゃねえな、受精はしてる形成不全のスラッグか (´・ω・`)


スペースの問題で同居させてクーリングに入れたんだけど、
その冷えてる期間中に交尾して抱卵してたなこれは (´・ω・`)

低温期間中に交尾して抱卵するとか、これがこの種のデフォなのか、稼働量の問題でそうなったのか。
なんでもいいが次回は雌雄分けて冷やしとこう。

来年また産んでもらおうかと思うが、この種なら産卵で削った体重の復旧は1年で余裕だろうから、
今年多めに喰わせて来年に予定入れといて大丈夫だろう。

ま、産むことは産むな。

今回はそれでいいや。





2020/03/25 Wed. 22:32 | trackback: -- | comment: 0edit

そろそろ 




■2020/0319





さて、そろそろ冬も終わるし、ちょびちょび色々と動いていきましょうかね。

しかし目薬って良いやつ使うと目に入った瞬間、安物とは違うのがわかるのね。
安いのは何回使っても痒いままなんだけど、3倍ぐらいの値段のは1回で痒みが治まった。
(*´・ω・) 良いヤツ しゅごぉい。





ショーカーアレチヘビ(ショカーアレチヘビ)
Psammophis schokari

DSCF8183.jpg

少しは伸びてきたな。
もう何でも食べる。
可愛い。




今年の繁殖だけど、♂にスイッチが入ってるのが、
カンムリキリサキヘビ ・ イナヅマヘビで確認が取れた。

交尾できてるかはまた別の話。

ちゃんとしててくれればいいけども (´・ω・`)





2020/03/19 Thu. 02:13 | trackback: -- | comment: 0edit