08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

座卓部・新館 -tatami-room round table club-

まず一手 




■2017/0916




暇つぶしに『 Girls Carnival! 』とかやってるけど中々面白い。
『 Girls Carnival! 2 』は少し前にやってるんだがそっちも良作。
何も考えないでやれるゲームが年寄りには優しい(´・ω・`)

201709127894151479876588468.jpg
可愛いの多くてすこ。
最お気に入りはレム・スラリス・イフりん。

201709128987746499865.jpg
とりあえず中二ちゃんを2ターンで倒すことに成功。
相手の行動に大分左右されるけど。

しかしあの強化ラスボスの強さよ。
アレだけブッ飛んだ設定。
1回倒すまでに何十回負けたかわかりゃしない(´;ω;`)
何だアレw




コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF7204.jpg

餅。
モチモチ。
顔に乗っかって歩かれると私の首ががが。



とりあえず一手動いた。
これから可能な限り動く。

順番もおよそ決まったからそれに沿って導入していく。

まあペアは運次第なところがあるけど。





スポンサーサイト
2017/09/16 Sat. 22:29 | trackback: -- | comment: 0edit

耐性も上がる 




■2017/0909





サウザンブラックレーサー
Coluber constrictor priapus

DSCF7203.jpg

まぁ、最早ケースの外からでないと撮影出来ない。

慣れれば慣れるほど意思表示として咬んでくるようになる。
それはWD個体もベビーからやっても変わらない。
大人しい個体を持ってる人は大当たり個体なので大事にするように(´・ω・`)


しかしよく生きてたなこの種は。
去年の私が潰れてる間は紫外線の供給量などほぼゼロだった。

通常この種のWD個体に半年も紫外線を遮断した場合は、99%死が確定している。

しかしこの子は普通に生きていた。
それには当然理由がある。
DSCF7202.jpg

それは供給要素の積算量における体の構築によるものだ。

例えば、ある要素が要求量が10%しか満たされない状況で1年体を創るのと、
要求量が80%満たされた状況で1年体が創られるのでは、
その先にある稼働量と、遮断耐性、維持能力などが全く別物になる。

まぁそれは哺乳類も変わらんわな。

こういうものはヘビにも存在し、それは明確なコンディションでもある。

長く飼い込んでる割に、なんかあるとすぐ状態を崩すのはコンディションに余裕が無い、
もとい、積算における体の構築が足りていないからだ。

強い体を作り、負荷に対して余裕のある身体を創っておけば、飼育下におけるリスクに対してかなりのアドバンテージになる。

そのおかげで今もこうしてこの子は生きている。
いまちょうど3年ぐらいか。



現時点ではまだ再構築中だが、繁殖などは来年以降はいつでもいける状況だ。

・・・♂が手に入ればな(´・ω・`)





2017/09/09 Sat. 13:39 | trackback: -- | comment: 0edit

やはり仁坂きゅんが嫁か 




■2017/0905





『恋と嘘』 だけど、やはり仁坂きゅんが一番だな。

美咲たんも莉々奈たんも可愛いが、仁坂きゅんがダントツだな(真顔)




コモンカーペットパイソン
Morelia spilota variegata

DSCF7193.jpg

先日真っ直ぐになった時にメジャーで測ったんだが、実寸210cm前後あるのね。
脱皮した皮も乾燥させて測ったら280cm以上あった。

いつの間にか随分大きくなったもんだ。
だが目標から見るとまだまだ小さい。

体重計りたいのだが3キロまでのスケールしか無い。
数十キロぐらいまで計れるの買わないとな。

ちなみに去年の4月~5月ぐらいに親ウズラを2個しか食べれなかったが、
今は喰う気になれば5個はいけるだろう。
まぁ1食で3個までで抑えてるけど。

胃の拡張力も申し分ない。
体積に応じた水分供給量が十分成立し、同時に反映している。
やはり大きな個体・種類は復旧が早い。

まだ余裕で成長できるな。


そして今月から、漸く少し動ける。





2017/09/05 Tue. 16:34 | trackback: -- | comment: 0edit

新しいエサ 




■2017/0830




なんだ、もう夏とか終わりかけてるじゃないか(´・ω・`)
一体どういうことなの。
いい年寄りがモフルンのぬいぐるみを抱いて寝てたら夏が終わってるとか、なに?

まるで墓石の隙間から入って暑さしのぎながら人骨を細々と齧ってるダンゴムシのような世界観じゃないか。
なんだこれ。 なんだこれ(´・ω・`)




最近新しい種類のエサを使い始めたんだが意外と面白い。

それがコレ。

鶏頭
DSCF7180.jpg
前から使ってみようと思ってたんだが注文のタイミングが無く、先延ばしになっていたが漸く注文してみた。

食べさせてみてる感じ、血漿成分の増強的効果とでも言うのか?
それが手羽中やヒヨコなどよりも早い。
ということは体液循環量の基礎値や栄養反映率が上がっていればいるほど、その恩恵を受けるわけだ。
鶏肉は部位単位で、喰わせることによる効果が違うが鶏頭はなんか鶏肉性質のマウスみたいな感じ (雑)

この効果は要所要所で織り交ぜて使うことにより、成長因子の操作・構築に新しい一手を加える事が出来そうだ。





メキシカンゴファースネーク
Pituophis deppei deppei

DSCF7181.jpg
来月から少しづつケースのサイズを大きくしていく。
現状ではケースサイズがもう限界という子らが増えてきてる。
ろくに管理が出来なかった期間は痩せたせいで小さく見えていたが体長自体は全体的に少しは伸びていたようだ。
肉が付いてきたら骨格の発達に気づいたよ。

DSCF7183.jpg
この子も大分痩せさせてしまったが結構戻ってきた。

あー、30分で5万ぐらいの仕事は何処かに転がっていないだろうか(´・ω・`)





2017/08/30 Wed. 19:43 | trackback: -- | comment: 0edit